忍者ブログ
いわゆる日記です。しかし、果たして日記といえるほど、小まめに書けるかというと……ですが;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


シャルル~更新しました。

四月から起床時間などが微妙に変わったのですが、それだけで生活リズム狂いまくりでした;若干ぐったりめで平日はなかなか作業できてなかったのですが、ともあれ更新できて何よりでした。もうちょっと慣れれば、前と同じぐらいにはできるかなーと思いつつ。
辺境改訂版も、一部ラストの部分まで行けておりますのでまた是非に。

シナリオを提供させていただいているアプリゲームも二話目が配信されていました。シャルル~の青い夕方が題材ですが、ちょっぴり分岐します。ので、場合によってはシャーが違う行動取るので、良かったら遊んでみてください。
http://damepp-web.fuzz.co.jp/

それではお返事に参ります。

mixiw様
シャルル~読んでくださってありがとうございます!新章もじわじわと更新していくので、楽しんでいただければ幸いです。コメントありがとうございました!


以下は今回のお話についてです。

今回は何というか盛沢山の内容になってしまいました。

冒頭の部分の暴走中のアレは、実は昔、暴走するってたってどんな感覚なのか一般人にはわからないんですが…と思っていたら「それじゃあ体験しろ!」とばかり夢をヤツ視点の感覚で見たことがあったのでそれを参考にするなど。なんというか、ひたすら気分が楽しく高揚&目の前真っ赤という感じでした。それであのテンションなんだな、彼とちょっと納得したことを思い出すなどしたものでした。

で、名づけの話。正直マリアの薔薇の意味だったら、色んな意味で解釈面倒だなと思いつつ悩ましかったのですが(アイツの性格からして、理由説明したい人だから御託ならべないわけがない)、本来海の滴の意味だったと知ってそれ以降は割と書きやすかったのでした。ただ、真面目なジャッキールがひたすら花言葉とか説明しようとしたので、その辺はカットしてます。彼は説明が長い。シャーもいってたけど、回りくどい(笑)

あとは、今回は割と最初から飛ばし気味の三白眼の人。今回は彼を早めに出そうという目標があったので、当初予定とシーンの順番入れ替えましたが、いきなり、彼女も滅茶苦茶飛ばしてくるので、シャーさんもちょっと引き気味です。一回ぐらいやられてあげるのかと思ったのに、「そんなことしてたらオレがやばいから!」と今回割と真顔で拒否られました。戦う女子率の低いシャルル~のお話なので、シャーが女子と戦う羽目になるのも結構少ないので今回はそういう意味もあってやりづらいんだろうなと思います。
さて、次回どうなることやら……。メイシアのフットワークが軽すぎて、書く人も戦々恐々なのです(予定壊されそうで)

拍手[0回]

PR

こちらを書くのが遅くなりましたが、シャルル更新しました。
ちょっと良い感じのペース......。4月からは、ちょっと自分の働いてる環境が微妙に変わるので、ちょっとだけ不安ではあるのですが、なるべくペースを維持できるようにしたいですね。

早速コメントありがとうございます。まずお返事させていただきますね。

27日21時のウェブ拍手からの方
コメントありがとうございます。今回の彼は珍しくお仕事モードから入りましたが、本当にとてもレアな(笑)オーラを感じていただけて嬉しいです。ちょっと頑張っているようです。リル・カーンについてもありがとうございます。そうですね、彼も今後出番のある子ではあるので、展開を見ながらですがちょっと出せればいいなと思っています。今回は長めのお話になりそうですが、お付き合い願えればうれしいです。ありがとうございました!


以下は、今回のお話



今回は、七部将揃い踏みでした。で、喫茶店の人は、ジェアバードの叔父さんのアイードという答え合わせ。実は、七部将全員揃えたのは、こんだけ長いこと書いていて初めてとか言う。カンビュナタスはセリフありませんでしたが(酷)、デューアンなどは初ゼリフだった記憶。ラダーナはもともと台詞自体が少ない人なので、喋ってくれるかどうか不安でしたが、何とか喋りました。

後は、ほとんど本邦初公開な気がする、ちゃんとお仕事しているシャー。ちょっと頑張って格好良くしてもらいました。一人称は微妙に漢字とカタカナで使い分けしてみましたが、実験的なものなので元に戻すかも。しかし、仕事してるシャーって書きづらいのは間違いなく、結構苦労しました(笑)彼も軍事の会議には結構参加していたりするのです。七部将とは気心が比較的知れてるのですが、それでもあんな感じにはなっているので、多分知らない人の前だともっとちゃんとはしている……でも長続きさせるのは本人もそれなりに負担があるようではあります。

ハダートもああ言う場では外向けの態度でいることが多いです。いやまあ、年長者多いですし、ジェアバードと気楽に遊んでる時とはちょっと違うようです。時々素に戻るけど(笑)

アイードはどちらかというとシャーなどと似たような形質の人ですが、シャーとは別方向で繊細な人なので、何となく今のところビジネスの香り漂う彼とシャーの関わりについてもまた書いていきたいと思います。

拍手[4回]


シャルル~更新しました。また、辺境の改訂版も一部のほとんど後編まで進んでいます。改訂版は、それだけで読めるようにという意図があったので、今回は一部ちょっと変えた部分があります(実は既存のその後の展開にあんまり影響してないけども;)

 お待たせいたしましたが、今回から新しいお話であるエルリーク暗殺指令編に入ります。これは、間違いなく長くなる……ので書く前から、ちょっと気負う部分もあるのですが、ともあれ頑張って参りたいと思います。
 最近日常系のお話が続いてましたが、今回は陰謀絡みの結構大掛かりな奴ですし、あっちこっち大変なことにはなるのですが、これ終わったら奴等には温泉旅行行かせるんで……、色々あるのですがお付き合いいただければ幸いです。

まずはいただいたコメントにお返事させていただきます。いつもありがとうございます。

3/13シャルル~ウェブ拍手からの方
コメントありがとうございます!時折まったり更新になってしまって申し訳ないのですが、いつも見ていただいてありがとうございます。なるべく早く更新できればと思っていますので、またよろしくお願いいたします。ありがとうございました!


それでは、以下は今回のお話について。


まだエルリークが何なのか全然話出てきてないけど、とにかく始まります。前回の珈琲の人は、うっかり今回出そびれたのですが(笑)、次回冒頭から出てくる予定(今のところ)。

今作のヒロイン(といっていいのかな)メイシア=ローゼマリーは、シャルル~には意外といない戦う女の子であります。非戦闘員感のあるリーフィはともあれ、ラティーナも戦う女のコではなかったですが、彼女はもろに女戦士です。
彼女と、同情から彼女を買い取ってしまった五年以上前のジャッキールについては、今後おいおい色々と……。五年前とは、七部将編の最後付近なので、メイシアが彼に引き取られた当時、シャーは東征中だと考えてください。あの最後でジャッキールは生死不明になっているのは、蛇王さんや蠍のジュバも触れていますので、当時の傭兵仲間の内ではそういう噂になっていた模様。一部では、ラゲイラのところに身を寄せていたことは知られていたようですが……。

あと新しく出てきたリリエスですが、すでに悪役確定なのはお分かりの通り。こいつはもう変態でキモイことを身上にしました。今後もキモイし変態なのは間違いないので、その辺はもうすみませんとしか……。
実は悪役を設定するのはなかなか苦手で、うっかりするとジャッキールみたいに殺せないヤツができてしまって、レギュラー入りしやがったりするし……。ということで、今回は同情の余地ナシな変態な奴にしました。いや、まだ敵の人は色々いるのですけどね;

今回の状況については次回説明いたしますが大前提は、
・リオルダーナ国境の武力衝突で、ハダートとジェアバードが王都に留守で王都の警備が手薄。
・七部将は独立性が高いので緊急事態にそなえて、総司令職を臨時設置した。
ということになっていますので、当然、イケイケなサッピア王妃やらただの愉快犯だけどラゲイラ卿がいるギライヴァー叔父貴などの不穏なところが当然うごめくわけで……。
 彼らの誰が動いているのかなど、次回からまたお楽しみにいただければと思います。

 今回は似顔絵出演の三白眼の人は、色々大変だと思うのですが、とにかく頑張ってほしい限り……。

拍手[5回]


シャルル~更新しました。次回からといいつつ、今回も番外になってしまいましたが;ということで、次回からの予告もつけました。

あと、告知をば。実はちょっと前から掲載されていたのですが、こちらでご案内しそこねていました…;
http://damepp-web.fuzz.co.jp/
こちらのゲームにシャルル~の青い夕方を提供させていただきました。
本をひたすら破りながら読むというゲームですが、色々なお話が読めるので楽しいです。まだ一巻だけですが、アプリDLは無料でできますので、よろしければ遊んでみてください。
ちなみに、サイトやなろうでの掲載分と、ちょっと違う部分があります。


以下は今回のお話です。


今回は、とある七部将のにーさんのモノローグという感じですが、次回からのエルリーク編にコイツが深くかかわりますので、ちょっと準備運動的に番外編を挟むことにしました。というか、最後まで読んでいただいたらわかるとおり、割と直結します。

彼はいったい七部将の誰でしょう的なクイズ的な短編というちょっと実験作でしたが、でもよく考えると選択肢少ないですしね。名前の出ている将軍は違うし、・髪の毛の色が派手 ・叔父貴が偉大 ・ハダートが苦手 ・年齢はジャキよりは下でシャーより上 で、七部将編でちゃんと出ている将軍はヤツしかいないので……。ちょっと諸事情により容貌を変更した部分はありますが、まあ大体元からあんな感じではあります。

七部将は、七人(正確には代替わりする奴がいるので八人)もキャラ用意できないよ、ってなった結果、既存作品のキャラを流用して改造したのが何人かいて、それがハダートとジェアバードと奴(ラダーナもそうかな)なのですが、ハダートはもともとは辺境のレックハルドだし、奴はならずのフォーダートなのでした。

ならず~はもう随分と昔の話で、ぶっちゃけ処女作といっていいノリのもので読み返すのが苦行なのですが、彼自身のキャラは結構今でもならずに関連するとある話の主人公として生きていました。今回、せっかくなので奴のキャラを元ネタの彼に近づけることにしてみたら、一気に次の話で課題だったもろもろを解決した上に、さらに余分に活躍しそうになっているという現状になったのですが、実際どう動くかわからないので実験的に番外編を書いてみた部分も大きいのでした。
 
ともあれ、そんなわけで、間違いなく次回に重要な役回りを持つ七部将になると思われるので、彼のことは覚えておいていただければと思います。ちなみに、回答は割と早いうちにでるはず(笑)(何せあのラスト部分と直結するので)

そして、エルリーク編の予告ですが、とりあえず黒い人の話がでてきます。彼が彼女を拾ったのは、七部将編の前ぐらいですが、あの娘が彼とどういう関係だったのか、そして、総司令官エルリークの暗殺計画にどう絡むのか、そもそもエルリークとは誰なのかはまたお楽しみにしていただけたらと思います。

拍手[2回]


かきためられていた番外編をせっかくなのでシャルル~に更新しました。今回は本当に本編とあんまり関わりなくて、これだけでも別に読めるファンタジー的な感じに仕上がってる気がします。珍しく、シャルルにしてはちゃんとファンタジー。

ということで、以下に今回のお話。


今回はわかーい頃の蛇王さんのお話でした。彼は若い頃に反体制側で射撃手やってたという設定は割と古くからあり(当時はどちらかというと暗殺者に近かったけど)、元々は宗教絡みでしたが、それはそれで書きにくいしなあと言っているあいだに、サギッタリウス編で貴族だとはいってたけど、血筋的にはガチ高貴だったことがわかったので、そっちの設定から引っ張る形になっています。

しかし、若いのは知ってたけど、まさかそこまで若いとは思わなかった作者だったのでした……。書き出して「えええ?」となったりした。かつては美少女と間違われるぐらいの物凄い美少年というのは、苦い昼~で言われていましたが、割と美少女引きずってる時代だとか聞いてない。お相手のルーナさんは、正直髭の美男にしか興味がないので、ヒゲ生やしてないとダメだろということでヒゲはやしはじめたぐらいにしてみましたが、美少女引きずったままヒゲだったのかよ!!みたいな。

蛇王さん的にはここが転機で、苦い昼~で言われてた通りに、ここを境に突然、陽気でよくしゃべる今の蛇王さんになります。でも、多分彼は本性は無口なんじゃないかな。「血とは呪縛」はシャーも常々思っていることですが、これをサラッと口にできるのはうちでは彼だけですね。シャーは多分言えない。しかし、彼は何というか、若い頃は妙な王子様オーラが出ているというか、今よりもずっと浮世離れしていたんだなという感じもあります。(あれでも一応成長していたらしい)

彼の相方のルーナさんですが、彼女はシャルル~なので実体伴わないけど、多分スピンアウトで蛇王主役の話が出たら、普通に人間の姿で蛇王さんと掛け合いしてますね。シャルル~はそこまでファンタジー感出せる話じゃないので、本編ではそういうのはあまりないのですが。
彼女はヒゲの美男が好きなので、若い頃の蛇王さんは中身はともかく容姿は好みじゃなかったのですが、成長した彼のことは容姿含めて大好きでベタ惚れしてて、百歳単位で年下の男に振り回されっぱなしです。馬鹿っぷるだけど、蛇王さんがアレなためか物凄く清らかに進展していない。
彼女自身はイタリア(的なところ)系の人のイメージです。ベネチア(的なところ)出身説が最近出ている……。魔女といっても、本当に魔女というより、錬金術系に近しい感じのイメージですが、多分本編の中でその辺に絡むことはなさそうかな。

ちなみに、蛇王の話はかつてどこかで短文を上げた記憶があるのですが、当時は伴侶は弓だったのですよね。しかし、弓は折れるよなあと考えて、材質的に消耗品的な部分があるのを考えて悩んだ結果、サギッタリウス編ぎりぎりまで、どこにでもつけられる装飾品がルーナという説もあったのです。しかし、最終的にシャーやジャッキールと戦わせたときの見栄えなどを考えて、剣で落ち着きました。しかし、今の蛇王さんは「伴侶」なんか言わないかな(笑)

拍手[2回]