忍者ブログ
いわゆる日記です。しかし、果たして日記といえるほど、小まめに書けるかというと……ですが;
日記がすっかり遅てしまっていました。
シャルル~更新しました。一時期何となく文章がまとまらない期に入っていましたが、ふらっと抜けられた感じでありがたいです。

 いつの間にやら、また桜の季節に。春といえば、個人的には、シャーは春の男というイメージが強いです。あたたかくなってきて、テンション高くなってきて騒ぐんだけど、ちょっとどこか不安定なところがあるみたいな。特に二十歳前の彼は、満開の桜見て一人涙ぐんでるような厄介な方向にセンチメンタルな感じがするのでした。

 ちなみに、ミュシャ風に季節ごとに分けてイラスト書くとしたら(残念ながら男しかいないが)、シャー:春、ザハーク:夏、ゼダ:秋、ジャッキール:冬って感じですかね。この話は去年も思いついてたのですが、当時は蛇王さんがまだアレだったので明かせなかったのでした(ので今明かしてみる)


さて今回のお話です。



 今回は、いよいよ回想編といったところ。本当はジャッキール方面からの感想を書くつもりでしたが、蛇王さんが変なヤツなのはサギッタリウスでかなり書いたので、今回は最近はすっかり気が抜けたコーラみたいなキャラになっているジャッキールのギラギラしたところをば。
 この頃の彼は、セイジの頃から2,3年(5年弱ぐらいもあるかもしれない)ぐらい経ってるイメージかなと。ジャッキールは若い頃に遊女に入れあげて、身請けして足を洗おうとして、ものすごいひどく振られるということがあり、それから余計に荒んでしまったらしいので、もしかしたらこれはその後という事になるのかもしれません。
 ちなみに、ちょろっと出てきましたが、彼らがここで戦っているのはシャルル=ダ・フールが頻繁に東征していた為であり、何気にニアミスを繰り返している感じでもありますね。

拍手[2回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック