忍者ブログ
いわゆる日記です。しかし、果たして日記といえるほど、小まめに書けるかというと……ですが;
4月中に何とかと思いつつ、かなり遅くなってしまいましたが、シャルル~更新しました。どうも、まだ文章かけない期間をうろついている様子; とうとうパソコンも新しくなって、ようやくいろいろ使い慣れてきたので、またあれこれできればと思います。

文字化け問題は、今回utf-8の指定タグを入れてみたら、今度はPCで見られなくなったので引き続き考え中です(今はSHIFT-JIS指定中;)。小説家になろうだときちんと変換されるので、そうしたSNS使ったほうが簡単なのかもしれませんね;七部将編はちょっと書き換えが必要なので、意外と時間かかってるのですが、辺境遊戯を二部あたりまでわかりやすくしたものをあげてみるのもいいかなとか考え中です。蛇王さんの話とか、トラックトラック完結させる計画とか、文章かけない間にネタだけはたまっていくのですが、なかなか消化できていませんが、そういう案が出るのは、充電期間という意味では必要なのかもしれません。


さて今回は以下のお話。


 今回は、自分がなかなか文章よりのテンションでなかったうえに、書いてみたらひたすら暑苦しい話で、しかも実際暑くなってきたので若干後悔しつつ書き始めてしまいました; 次回はもうちょっとさわやかな話を書きたくなってきたところ。
 さて、今回はちょっとジャッキール視点も入れてみました。ジャッキールから言わせると、蛇王さんも大概格好つけらしいです。ちらっと出てきていましたが、ジャッキールは本当は結構おしゃべりというかしゃべるのは好きですが、蛇王さんは実は少年のころはものっすごい無口だったので、今も本気出したときは口数が減るようです。
 しかし、この話書いてたら、よく考えるとこいつら二人と付き合いのある、蠍のジュバも大概変な奴ではないかという気がしてきました。どちらのこともヤバイ奴だとは思っているようですが、なんだかんだでジャッキールからかってみたりもするし、蛇王さんとは普通に昔なじみな付き合い方していたようだし、そう考えると結構おいしいキャラなのかもしれません。意外とシャーと気が合う気がする。

拍手[3回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック