忍者ブログ
いわゆる日記です。しかし、果たして日記といえるほど、小まめに書けるかというと……ですが;
日記書き直しています。シャルル~更新しました。
いやはや、自分ではちゃんと更新したつもりだったのに、眠たかったせいか、アップロードする場所を間違えてしまっていました; 申し訳ありませんでした。ついでに、内容をちょっと修正しております。
この間も、話数を盛大に間違えていたし、やはり眠い中作業するのは危険だなとつくづく思いましたが、どうしても更新作業をするのは眠い時間になってしまいがちなのでした;

試験がようやく終って解放されたので、もうちょっと書き溜めていますので、また近日中に更新できればと思います。失敗に気づいてあわてて折り返しに更新分+αをのせていましたが、更新部分は消去しましたが、折り返し以後に今後の更新分をちらっとおみせしていますので、ご興味のある方はどうぞ。

そして、お返事などいつも遅くなってしまいすみません。とても励みになっております~!


それでは、今回のお話。



 今回については、第一回兄貴分会議的なお話ですね。
 何気に、ジャッキールとジートリューは、今回が初対面だと思います。東征時代に顔合わせてても、敵同士な上に、ジャッキールは隊長職だったものの一兵卒みたいな扱いですしね。当初は、ジャッキールによる、「自分などと対面していただけてありがとう」的な堅苦しい、長ーいご挨拶がある予定だったのですが、テンポが悪いうえに、何言ってるかわからなくなるパターンにはまりそうだったのでカットさせていただきました(笑) 二人は根本的にな部分では、似た価値観のキャラクターなので、それなりに気が合うのではないかなあと昔から思っていたのですが、ハダートより話すのが気楽そうです。
 あとは、七部将編から久しぶりのエルテア=ハスお姉さん。ハダートが妻帯者だという話はちらほらでてきているので、エルテアが嫁だということは、わかってらっしゃる方も多かったのではないかと思いますが、案の定でした。本当は、前回のムルジムのジャッキールのシーンで出てくる計画もあったのですが、イマイチ話に入りきらなかったので、今回にまわってもらいました。
 それにしても、今回はジャッキールとジェアバードの名前が見た感じ似てて、われながら厄介なことをしてしまったなあと思いました(あとは、エルナトとエルテア)。実は、割と最近、シャルル~のレギュラーメンバーの男の大半が、サ行とザ行で名前が片付くことに気づいて愕然としてしまったのですが(シャー、シャルル=ダ・フール、ゼダ、ジャッキール、ザハーク、ジェアバード、サダーシュ、ザフetc)、何でそんなに偏ったのかは謎ですが、もっとばらけば良かったなあと思うばかりです。まあ、よく考えれば、ぽっと出で消える予定のキャラが、どういうわけかレギュラー入りしたやつも多いので、本当に狙ったわけではないのですが;


それでは、お返事させていただきます。反転でお読みください。

5/29 シャルルトップのメールフォームからの方

コメント毎度ありがとうございます。お返事遅くなりがちですみません。
あの二人は、驚くほど色気がないですね。シャーも下心があるような口ぶりの割には、意外にないような(笑)いまや、猫扱いの彼ですが、ただ、リーフィにとって「猫」は特別な動物ですから、まだ可能性はある方かもしれません。ただ、この二人、仮に進展しても、ものすっごい遅いので、周囲がやきもきしていそうではありますね。

ゼダは、その辺、やはり抜け目なく、でした。とはいえ、全部キッチリ聞いたわけではないと思います。私も最初聞いてないのかな、とも思ったのですが、後の口ぶり見ると、やはり抜け目なく盗み聞きしてますね、彼は。
さて、最後に彼ですが、彼は正直物凄く強いです。ジャッキールは精神的に弱い一面があるので、そこを突っつきながら戦うと有利に進めますが、あの男は、そういう弱点ないタイプの人なので……。ただ、なんと言うか何も考えてない感じの自由人なので、そういう行動も見られるのでないかと思っています。
ジャッキールと彼は終生のライバルですからね(笑)必ず顔はあわせるはずですので、今後の展開をh汲めて、お楽しみにしていただければと思います。
コメントいただき、ありがとうございました!!



以下は、今後の更新分先取り分です。






 癖の強い髪に櫛が通され、ゆっくりと梳かれていく。
「い、いだっ!」
「あら、ごめんなさい。こんなところで絡まってたのね」
 シャーが悲鳴を上げると、リーフィはそうあやまりつつも、絡んだところを執拗に櫛で梳かす。
「リーフィちゃん、そーっとやってね」
「ええ、努力するわ」
 そう答えるリーフィは、どうやら上機嫌らしい。 頭上で聞こえる鼻歌を聞きつつ、シャーは、やや緊張した面持ちだった。
(な、なんで、オレ、こんなことになったの?)
 シャーは、腕を組みつつ、なにやら理不尽な思いのまま、椅子に座っていた。シャーは手鏡を握らされ、リーフィの右手には櫛が握られている。
(あのない香りの石鹸使わされたのも、このためだったんじゃないかなー……)
 とりあえず湯を使わせてもらって、多少体が温まったシャーは、リーフィにもらった服を着て、夕飯を済ませたものだった。リーフィは、ラティーナやジャッキールと先に済ませたようだったが、夕飯にアテのなさそうなシャーを見越して、残りを取っておいてくれたようだ。もちろん、それについては助かったものだ。
 それで、シャーが暖かいスープをすすりつつ、寒さから解放されて、生き返ったー! と和んでいるうちに、リーフィは、シャーの濡れた服を洗ってくれた。シャーは適当に乾かせばないとしか思っていなかったが、リーフィによると、ちゃんと干しておかないと大変なことになるというのだった。
 そうこうして、リーフィが洗濯を終えて戻ってきて、シャーが飯を食べたころには、髪の毛はかなり乾いてきていた。
 シャーは珍しく髪の毛を下ろしたままで、その髪は肩よりも長い。シャーが髪を伸ばしているのは、取り立てて理由はあまりなく、ただ単に癖が強すぎて短髪にしているとろくろくまとまらず、時々、爆発するので手入れが面倒なので、まとめてしまうのが一番楽であるからだった。流石に乾いてくると、長髪を下ろしているのが鬱陶しくなってくるので、髪の毛を括ろうかと思った矢先、いきなりリーフィが、櫛と手鏡を手にやってきたのだった。
「シャー、髪の毛、梳いてもいい?」
「え? ええ? な、何て?」
 いきなり椅子に座っているところに、背後から声をかけられてシャーは焦っていた。
「髪の毛、そのままにしているとぐちゃぐちゃになっちゃって良くないわ」
 そんなリーフィの瞳は、先ほどと同じくきらきらと輝いていた。さては、先ほどの何かを期待しているような目は、このためだったのか。その瞳を見ているうちに、シャーは強引に手鏡を握らされる。
「え、いや、その、適当にそんなのやるから……」
「ダメかしら?」
 ダメかしら、といわれたリーフィが、少しがっかりしているようで、シャーはややあわてたものだ。せっかく珍しくリーフィがあんな嬉しそうな顔をしているのだ。
(ここで断るなど、オレには、男としてできない。たとえ、男として見られていなかろうができない!)
「よ、よろしくお願いします」
「お願いします」
 反射的にそう答えてしまったのは、今思えば間違いだった気がする。
(なんか、ものすごく遊ばれている気がするけど、よ、よく考えるとこれも一種のふれあいじゃん。いい方に考えるんだ、オレ。洗った猫に毛づくろいしているのとは、わけが違う! ……と思いたい)
 シャーの複雑な心境など知らず、リーフィは、上機嫌だ。
「あら、枝毛発見。シャーって、結構髪長いのね。これだけ長いなら、色んな髪型ができるわね」
 ぼそっと、リーフィがつぶやく。なんだか不穏になってきた。
「三つ編みしたいなあ。三つ編み」
「えっ?」
 思わずシャーはリーフィを見上げるが、どうやら、リーフィは何やら思考中らしく、天井をみあげている。
「そうね、シャーならきっと横を編みこみしてみたりしても似合いそうだし、そもそも髪の毛絡めてみても。ああ、でも、シャーは手入れしなさそうだから、あんまり編みこみすぎて、雑巾みたいな香り放ちだしたら困るし、うーん」
(やばい、リーフィちゃんが変な独り言言い出した)
 独り言だけで済んだらよいのだが、実際リーフィが綺麗に梳かした髪を無意識に編みこんだりしだしている。
「あ、あのう、リーフィちゃん」
「え、なあに?」
 はっ、と、リーフィがシャーの方をみる。
「あ、あの、オレ、三つ編みはちょっと……」
「はっ、私、何か口走ってた?」
 やはり、先ほどのは心の声が実際の声になってしまっていたものらしい。シャーは、やや冷や汗をかきつつ、
「あ、あの、三つ編みはいいんだけど、あまり手の込んだやつやると、オレの不信感が増しちゃうような気がするんだよね。あ、明日、ラティーナちゃん迎えにいくのに、その格好やばそうだよね?」
 などと説得してみると、リーフィは、それもそうね、とばかりうなずいた。
「そうね、次回のお楽しみにするわ」
「じ、次回って……」
 どうやら次もあるらしい。次回は本格的に髪で遊ばれそうだ。
「シャーは髪の毛触られるの、嫌い?」
「い、いやあ、その」
 そう尋ねられて、シャーはやや言いよどむ。
「別に、嫌いじゃないんだけど、ね」
 シャーは、やや苦く笑った。
 そう、別に嫌うほどのことではない。今までも、別になかったことではない。あまり思い出したい類のものではなかったけれど。
 リーフィも髪を梳かすのになれてきたのか、シャーの髪がかなり梳かされてきたのか、引っ張られることもなくなって、シャーは、何となくぼんやりと室内を見ていた。

拍手[4回]

PR


追記を閉じる▲

 癖の強い髪に櫛が通され、ゆっくりと梳かれていく。
「い、いだっ!」
「あら、ごめんなさい。こんなところで絡まってたのね」
 シャーが悲鳴を上げると、リーフィはそうあやまりつつも、絡んだところを執拗に櫛で梳かす。
「リーフィちゃん、そーっとやってね」
「ええ、努力するわ」
 そう答えるリーフィは、どうやら上機嫌らしい。 頭上で聞こえる鼻歌を聞きつつ、シャーは、やや緊張した面持ちだった。
(な、なんで、オレ、こんなことになったの?)
 シャーは、腕を組みつつ、なにやら理不尽な思いのまま、椅子に座っていた。シャーは手鏡を握らされ、リーフィの右手には櫛が握られている。
(あのない香りの石鹸使わされたのも、このためだったんじゃないかなー……)
 とりあえず湯を使わせてもらって、多少体が温まったシャーは、リーフィにもらった服を着て、夕飯を済ませたものだった。リーフィは、ラティーナやジャッキールと先に済ませたようだったが、夕飯にアテのなさそうなシャーを見越して、残りを取っておいてくれたようだ。もちろん、それについては助かったものだ。
 それで、シャーが暖かいスープをすすりつつ、寒さから解放されて、生き返ったー! と和んでいるうちに、リーフィは、シャーの濡れた服を洗ってくれた。シャーは適当に乾かせばないとしか思っていなかったが、リーフィによると、ちゃんと干しておかないと大変なことになるというのだった。
 そうこうして、リーフィが洗濯を終えて戻ってきて、シャーが飯を食べたころには、髪の毛はかなり乾いてきていた。
 シャーは珍しく髪の毛を下ろしたままで、その髪は肩よりも長い。シャーが髪を伸ばしているのは、取り立てて理由はあまりなく、ただ単に癖が強すぎて短髪にしているとろくろくまとまらず、時々、爆発するので手入れが面倒なので、まとめてしまうのが一番楽であるからだった。流石に乾いてくると、長髪を下ろしているのが鬱陶しくなってくるので、髪の毛を括ろうかと思った矢先、いきなりリーフィが、櫛と手鏡を手にやってきたのだった。
「シャー、髪の毛、梳いてもいい?」
「え? ええ? な、何て?」
 いきなり椅子に座っているところに、背後から声をかけられてシャーは焦っていた。
「髪の毛、そのままにしているとぐちゃぐちゃになっちゃって良くないわ」
 そんなリーフィの瞳は、先ほどと同じくきらきらと輝いていた。さては、先ほどの何かを期待しているような目は、このためだったのか。その瞳を見ているうちに、シャーは強引に手鏡を握らされる。
「え、いや、その、適当にそんなのやるから……」
「ダメかしら?」
 ダメかしら、といわれたリーフィが、少しがっかりしているようで、シャーはややあわてたものだ。せっかく珍しくリーフィがあんな嬉しそうな顔をしているのだ。
(ここで断るなど、オレには、男としてできない。たとえ、男として見られていなかろうができない!)
「よ、よろしくお願いします」
「お願いします」
 反射的にそう答えてしまったのは、今思えば間違いだった気がする。
(なんか、ものすごく遊ばれている気がするけど、よ、よく考えるとこれも一種のふれあいじゃん。いい方に考えるんだ、オレ。洗った猫に毛づくろいしているのとは、わけが違う! ……と思いたい)
 シャーの複雑な心境など知らず、リーフィは、上機嫌だ。
「あら、枝毛発見。シャーって、結構髪長いのね。これだけ長いなら、色んな髪型ができるわね」
 ぼそっと、リーフィがつぶやく。なんだか不穏になってきた。
「三つ編みしたいなあ。三つ編み」
「えっ?」
 思わずシャーはリーフィを見上げるが、どうやら、リーフィは何やら思考中らしく、天井をみあげている。
「そうね、シャーならきっと横を編みこみしてみたりしても似合いそうだし、そもそも髪の毛絡めてみても。ああ、でも、シャーは手入れしなさそうだから、あんまり編みこみすぎて、雑巾みたいな香り放ちだしたら困るし、うーん」
(やばい、リーフィちゃんが変な独り言言い出した)
 独り言だけで済んだらよいのだが、実際リーフィが綺麗に梳かした髪を無意識に編みこんだりしだしている。
「あ、あのう、リーフィちゃん」
「え、なあに?」
 はっ、と、リーフィがシャーの方をみる。
「あ、あの、オレ、三つ編みはちょっと……」
「はっ、私、何か口走ってた?」
 やはり、先ほどのは心の声が実際の声になってしまっていたものらしい。シャーは、やや冷や汗をかきつつ、
「あ、あの、三つ編みはいいんだけど、あまり手の込んだやつやると、オレの不信感が増しちゃうような気がするんだよね。あ、明日、ラティーナちゃん迎えにいくのに、その格好やばそうだよね?」
 などと説得してみると、リーフィは、それもそうね、とばかりうなずいた。
「そうね、次回のお楽しみにするわ」
「じ、次回って……」
 どうやら次もあるらしい。次回は本格的に髪で遊ばれそうだ。
「シャーは髪の毛触られるの、嫌い?」
「い、いやあ、その」
 そう尋ねられて、シャーはやや言いよどむ。
「別に、嫌いじゃないんだけど、ね」
 シャーは、やや苦く笑った。
 そう、別に嫌うほどのことではない。今までも、別になかったことではない。あまり思い出したい類のものではなかったけれど。
 リーフィも髪を梳かすのになれてきたのか、シャーの髪がかなり梳かされてきたのか、引っ張られることもなくなって、シャーは、何となくぼんやりと室内を見ていた。

拍手[4回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック