忍者ブログ
いわゆる日記です。しかし、果たして日記といえるほど、小まめに書けるかというと……ですが;
追記:
 どうやら、ムルジム36話がどういうわけかうまくアップロードできていなかったようです; 確認したつもりだったのですが、申し訳ないです。修正しましたので、今度こそ大丈夫かと思います。来てくださった方、申し訳ありませんでした。アス様ご指摘ありがとうございました。

 +

シャルル更新しました。本当は、ラストのほうは一気にやっちゃいたい性分なのですが、実は試験やら課題やら色々詰まっておりまして; そういう時にこそ、どういうわけか作業が進むのも一種のさがではあるのですが、ためると逆に更新しないでぼんやりしてしまいかねないので、かけた分から更新してしまいます。
 
 ということで、今回のお話。



 
 今回は、なんだかんだでシャーのダークな一面が出ている気がします。というか、この話自体がシャーのダークサイドを炙り出す的なストーリーなので仕方がないのですが。
 それにしても、シャーのヤツは、女の子大好きなくせに、なんかこう昔から煮えきらん態度取るよなあとか思っていたのですが、あの男は、過去のトラウマからかなり深刻な女性不信なのが最近割りとはっきりとわかってきたといいますか。その元凶になるのが、話題のあの人であります。
 某話でこそっと本人が語ってますが、拾われてきたばかりで不安だったシャーがお母さん代わりに優しくしてくれた彼女に懐いて、帰り際にお菓子をもらったのでカッファに見つからないようにこっそり食べたら、ガッツリ毒を盛られていて死にかけたというのが発端で、その後の暗殺未遂事件を経験した以後、シャーの対女性意識に大きく影響を与えている模様です。なので、女の子が大好きな割には、絶対に相手に心を開いてないみたいなところがあるのはそのせいかなーとか。彼女は割りと問題なお方なので、今後もあれこれ絡んでくる予定です。
 一方、シャーにとっては理想の女性というか母親像に近いのは、実はカッファの嫁なのですが(なにせ、彼女の姓を名乗っているぐらいだから)、彼女の話もどこかで書ければと思っています。 

 で、もう一方、今回地味に活躍していたお兄ちゃんですが、……彼はなんというか体力と庶民感覚がないだけで、つくづくやるときはやる男だなあと。なんというか、実は行動が読みづらいお方ではあります。

拍手[3回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック