忍者ブログ
いわゆる日記です。しかし、果たして日記といえるほど、小まめに書けるかというと……ですが;
ムルジムが完結してほっとしていたら、いつのまにやら時が過ぎ去りそうになってしましました。危ない;
改めまして完結時には、メッセージや拍手、ありがとうございました! 終わりまで読んでいただき、本当にありがたかったです。
 で、サギッタリウスの前に、シャーの置かれている状況を整理しつつ、シャーにとってサギッタリウスの存在がどういう脅威なのかということをあらわす目的もあり、シャルルに番外編をひとつ(2話分)追加しました。カッファさんの一人称で進むちょっとというか、割とかなり暗いお話になってしまいましたが、まあ、そのあと立ち直った事実もあるということでお許しを。
 次回は、サギッタリウスを更新できればなと思っています。

 以下でちょっと詳しく。



 実は、これ、蜘蛛と酔猫においたほうがいいのかどうか悩んだのですが、あっちは匿名にしてあるのに対し、割とハッキリと名前が出ているので、シャルルのほうにしました;
 シャー本人がなかったことにしている黒歴史、彼の人生最大のモテ期でありかつ、精神的には泥沼の殿様時代の話になりますが、とりあえず、シャーの過去を含めて彼が置かれている状態をさらっとおさらいしつつ、あの二人の親子?関係などを。
 暗殺編でもちらっとでていますが、シャーとカッファの関係は、割と複雑なもので、シャーもカッファもお互い素直に親子関係をしているわけではなくて、シャーは本音ではカッファに息子として扱って欲しいけど、建前は一応その辺の線を引いちゃうし、カッファはカッファで、ここぞという時にはハッキリと一線引いている感じ。その辺、大変屈折しているため、何かあったときに大爆発を起こしてしまうという。(その辺、カッファのところの女達は、シャーとうまいこと付き合っている気がしますが)
 ラハッド王子暗殺の件に関しては、うっかり暗殺編と齟齬が出てしまってそうで怖い部分もあるのですが; 流れ的には、そのぐらいがよいのかなということで、このようにさせていただきました…(くもねこの後日談もちょっと変更する可能性はあります;)。

 あと、ちょい役で出てきているバラズのじーさんですが、くもねこを読まれた方はおわかりのとおり、彼の弟子の女の子は例の彼女なので、実はこれと対になる後日談がもうひとつできる予定です。でも、それはくもねこの方にいくかもしれません。とはいえ、書くのに時間がかかりそうな話ですので、そのうち書けたら…という感じではありますので、気長におまちいただければと思います。


 それでは、こちらからいただいたメッセージのお返事を。ありがとうございました。
 反転お願いします。

6/23 シャーのトップページからメールフォームで送っていただいた方
ありがとうございます。最後までおつきあいいただけて本当にありがたいです。こちらこそありがとうございました。


かりん様
ありがとうございます。次回のお話は、もうちょっと早めに書ければと思います。また是非よろしくお願いします。


アス様
ありがとうございます。次のお話も楽しんでいただけるように頑張ります。よろしくお願いいたします。

 


拍手[5回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック